成人式

BASELESS PAGE.もついに今日で開設20周年。とうとう成人してしまった。

過去の20年間を振り返ってみたところで、デフォルト選手データ集以外の企画を覚えている人はもう殆どいないと思うし、何せまとめる時間が無い。サイトの方はもはや選手データ集以外のコンテンツを考え、新鮮さを維持できるほどの余裕もない。マンネリの世界で息を吸う事そのものに楽しさを見出している感じがする。ただ、その体力がもつ限りはサイトは続くと思うので、20年や30年という区切りを付ける事にあまり意味がないような気がする。

肝心なのは、20年間で自分がどれだけ変わったかという点だが、結構普通に変わった。
サイトを始めた当初(17歳)、まず大学なんて受かるのは無理だと思っていたし、は本気で就職なんて出来ないと思っていたし、結婚なんて夢にすら見てはいけないとさえ思っていた。しかも理想に対して積極的に努力もしなかった。それでも人並みに大学に入り、就職できた。

だからって結婚は相手が必要なのだから無理なんだろうな・・・とは思っていたが、友人には「まだ早いだろ」とバカにされながらも25歳くらいからボチボチと婚活してみた結果、27歳で相手(現在の嫁さん)が奇跡的に見つかり、30歳で結婚できた(これについては本当に運だけだったと思う)。この時点でサイトも終わりで良いかと思っていたが、嫁さんの「期待して見てる人がいるのなら続けるべきだと思う」の一言で、閉鎖は免れた。

そこからは本当に自分の好きな事を時間の許す限り出来るようになった。それまでは苦悩をサイトにぶつけていたが、嫁さんがいるのでその必要もなくなり、ブログの毎日更新も止めた。そんな生活が5年続き、さすがにマンネリしてきたかなぁ・・・と感じてきた所で嫁さんの「子供、いつ作るの?」の一言で、1年後に子供も生まれた。今年は大きな買い物もした。

もし結婚せずにまだ独身でいたなら、時間があり過ぎてやる事が無くなり、もう閉鎖していたと思う。
自分が思いの外普通に身を固め、時間の大半を仕事と家族に費やすようになった中、限られた時間の中で年に数回の作業で維持できるこのサイトは、自分にとって「自分らしさ」を記す事のできる都合の良い場所なのだと思う。

そんなBASELESS PAGE.。せっかくの20周年なので何かやりたい。時間が無い中で明確なインパクトを残せる事は何か?と考えた所、ハンドルネームの変更をしてみる事にした。本日を持ってハンドルネームを「SIN」に変更することにした。

残りのサイトの寿命は体力と、子供の反応次第。いずれも良好なのならば、30年でも続けるつもりである。

変わらないもの

夏ボーナスの自分の取り分を使い、Nintendo Switch購入。

結婚以降はゲームハードは惰性で買ってる感が否めないし、こんなん買っていつやるの?という懸念を拭えないながらも、他に欲しいものもろくに思いつかないし、競馬でただただ消費するだけというのもの味気ないので、とりあえず買っとけばなんかおもろいゲームあるやろ!と、勢いだけで購入してしまった。同時期によゐこがSwitchで購入できるインディーゲームの動画を流していたのも手伝った。(去年はそれに流されてWiiUゼルダPS4でマイクラを散々やりまくっていた)

が、いざやって見たらやっぱりまだまだ面白いゲームはあるもんだな、と実感。Switchはいつでもスリープが出来るので止めやすいのも良い。
とりあえず「ヒューマンフォールフラット」「セレステ」「オーバークック」を購入してみたが、その中でも個人的には「セレステ」にハマった。「スペランカー」のような死に覚えゲーに少しのギミックとストーリーが加わったような、とことん丁寧に作られているアクションゲーム。という印象。残機の制限等がないので同じ局面をいくらでもプレイできるのも良い。最終的に2501機犠牲にしてクリアした。

今年11月で37歳。大半の時間は「仕事」か「お父さん」していたとしても、時間が空けばやる事は結局昔と変わらないようなことばかり。いくら年を取ったって、好きなものはそうそう変わらないもんだなと思う。好きなものに対して攻める気力はないが、維持する体力はまだまだ若い頃と変わらずある。これが30代後半の一般的な男性の立ち位置なのではないかと考える。

すべり込み

デフォルト選手データ、パワプロ2018の1.05版配信前日になって、ようやく1.01版の完全掲載まで漕ぎ着けた。

子育てだけならどうにか並行できたのだが、そこに新居手続き、引越しが割り込みで入り、選手データどころではなくなる日々が続いた。それに加えて地震、豪雨まで。あまりにも内容の濃すぎる2ヶ月半だった。引越しと地震以外は初経験の事も多かった。パワプロ2018が出ると分かった頃は、こんな環境に置かれるなんて誰が思ったことか。

今後はしばらく平穏に行きたいが。

麻痺

大阪北部地震。自宅は震源から20キロしか離れていないため、割と揺れた。
この日は前々日に休日出勤していたためたまたま休みで、発生当時寝ていたが久々に飛び起きて嫁さん子供の部屋へ。結果的に誰も怪我なし。子供に至っては嫁さんの腕の中でまだ寝ていた。

実は現在引越しの準備中。(長期間選手データの更新が遅れているのはこの為)
今は赤ん坊がいるため、箱に詰めた荷物はほぼ全て自分の部屋に置いており、引越しの日がもうすぐそこまで来ているため、6畳の部屋の半分が埋まるほど箱の数が多くなってきていた。そんな時にこれだけの揺れ。

・・・だったが、軽い物を入れた箱が1つ落ちてきただけで済んだ。皿はまだ箱に入れていなかったが、コップ1つ割れただけ。それ以外は何も倒れてこなかった。

余震も思っていた以上に少ないのが逆に怖いのだが、考えすぎか。
考えすぎるくらいで丁度いいとは思うのだが、阪神淡路の経験則と、近年の規模の大きなのが立て続けに来るような地震ばかり見ているせいか、感覚が麻痺しているのか。

過去最大級

パワプロ2018、発売から1ヶ月超にも関わらず未だにOB選手、1.01版の掲載出来ず。現在、1.01版の現役選手データにようやく取り掛かった所。

仕事やら育児やらで時間ない時間ないとは言いながら、さすがに1ヶ月もあれば掲載出来る見込みだったのだが、今年に限ってはパワプロ2018が発売された時期とほぼ同時に仕事・育児以外の私的なイレギュラー要因が入ってきてしまったため編集作業が滞り、デフォルトはどうにか発売日翌日に載せたが、それ以降が過去に例が無いほど遅れている。このイレギュラー、まだ後1ヶ月ほどは続くが、さすがにそれまでには形にする。ちなみにこのイレギュラー、後向きな話ではないのである意味余計にタチが悪い。

やりたい事はたくさんあるのだが、とにかく時間がない。

ぐりんぐりん

1年前には予想だにしなかった事態になってきている。
子供が生まれてから、大きな決断に躊躇が無くなっている気がする。また、それが危険なことだとも思ってすらない。というより、元々危険なものでないものを危険だと勘違いしていただけなのかもしれない。今までスケールが大きすぎる・自分には畑違い、と感じて手を拱いたいたものが、子供を免罪符にして垣根を吹き飛ばして考えるようになっているのかもしれない。

将来良い方向に転ぶのか悪い方向に転ぶのか分からないが、自分の周りが明らかに流転していることだけは確か。「過渡期」というやつなのか。